2014年11月03日

投資信託の選び方

私の個人的な投資信託(ファンド)の選び方です。

毎月積立型の投資信託(ファンド)を選ぶ時の大まかなポイントです。


1.分配金を出す投資信託はやめる
毎月分配型のように分配金を出す投資信託が人気です。分配金というのは生命保険の配当金のようなもので運用した儲けを配当金としてもらえます。この分配の回数が毎月、四半期に一度、年に一度と異なる投資信託があります。 一見、分配回数が多い方が良いように見えますが、分配回数が多いと、お金を増やすのに不利になります。長期間保有してお金を増やしたいならば、できるだけ分配しないほうが有利です。

2.長期の実績がある
投資信託は新商品が開発されては消えてゆきます。運用している途中で人気がないため閉鎖になったのでは困りものです。長期の運用ができるものを選ぶために、実績のあるものにしましょう。もしくは、純資産額が大きいファンドは消えづらいです。純資産額50億円を超えていれば、比較的安定したファンドかもしれません。

3.投資信託を買うときの手数料
販売手数料、信託報酬、信託財産留保額(意味は下記参照)と名前がついておりますが、大まかにこの3つが主な要素と考えてよいと思います。これらが安いもの、特に信託報酬が安いものが有利になります。
よく「ノーロード」という投資信託がありますが、これは販売手数料が無料という意味で、もちろん、無料のほうが良いのですが、他でしっかり儲けております^^)。

販売手数料:販売するときの手数料で購入した時に1回支払います。 1.5%以下が好ましい
信託報酬:運用にかかる手数です。毎月毎年支払います。1.5%以下が好ましい
信託財産留保額:解約した時に1回支払います。        1.5%以下が好ましい


大まかですが、この辺を調べておけば大きな失敗はないと思います。
posted by せこ吉 at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

純資産1億円程度のファンド

最近、ありがとうファンド、浪速おふくろファンド、かいたくファンド、らくちんファンドなどの純資産が小さめのファンドが増えてきました。 これらのファンドは独立運営しているものが多いようですが、ふと疑問に思ったことがあります。

下にかいたデータは各ファンドの純資産と信託報酬をざっくり書いたものです。

浪速おふくろファンド 純資産123百万円 信託報酬および監査報酬 1.59%
かいたくファンド  純資産150百万  信託報酬および監査報酬 1.77%
らくちんファンド  純資産239百万円 信託報酬および監査報酬 1.78%
(ちなみに さわかみふぁんど   純資産223,487百万円 信託報酬および監査報酬1.05%)


この数値から、信託報酬などが年間に入ってくる額は
浪速おふくろファンド 199万5700円
かいたくファンド   217万7100円
らくちんファンド   425万4200円
(ちなみに さわかみファンド   23億4661万3500円)


となります。 
どれも、購入時手数料、解約時手数料 信託財産留保額など0% ちなみにさわかみファンドは解約時信託財産留保額 1.5%です。(すべてモーニングスターから引用した数値です)


これらのファンドって何を収入原にファンドを運営しているのでしょうか? 信託報酬や手数料がファンドの主な収入源だと勝手に勘違いしていたのですけど、安定収入が200万程度でしたら、運営しているのはせいぜい1人・・・・・・
いや、もしくは複数人でいくつかのファンドを運営しているのでしょうか?


私も投資信託の運営についてはほとんどわからず、勉強不足で申し訳ないのですが、
これらのファンドを運用している人が、どうやって食っているのかわかりません。
誰かおせーて!


応援ぽちっとお願いします。 投資ブログランキングに投票


posted by せこ吉 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。