2011年10月15日

せこ吉ファンド2011年9月の成績報告

前回書いたさわかみファンドの分析に対して、せこ吉ファンドはすでに2006年のピークの時期の状態まではすでに回復しています。 2008年の後半から2009年の前半に相場が大底をつけましたが、この時にキャッシュポジションがほとんど無くなるほど大きく買ったおかげで、回復は早かったです。 


せこ吉ファンド資金分配


今年に入ってからのせこ吉ファンドですが、2011年2月をピークに3月に地震でズガンとやられて、地震の後細かく売買して大暴落の影響を回避したように見えましたが、その後が悪い。

2010年せこ吉ファンドパフォーマンスでは調子良かったものの、3月の暴落のダメージが限定的だったにもかかわらず、その後キャッシュポジションも下げずに引っ張って9月までの半年ずっと下げっぱなし・・・・・キャッシュポジションは半分付近のまま、損切りしたり、ちびちび新規買いをしたりを繰り替えし、ずるずる、ズルズル下げている。 

これは今後の反省点だね。一気に下げるのだったら、立ち上がりも早いが、ゆっくり下がっていくと、ゆでガエル状態で気づかないまま下げちゃう。これに気づかないというのは相場師としては失格だね。(誰が相場師じゃ)


せこ吉ファンドパフォーマンス


2008年の大底から一時的には2倍を回復しましたが、その後が悪い!買う、売る、休むがキチンとできていない悪い例でした。



さて、自分の売買をデータにしてみると自分の弱点がわかるね。 ブログランキングに投票



posted by せこ吉 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | マイファンド報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230572717

この記事へのトラックバック
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。