2010年11月21日

日経平均強いです さわかみ ファンドは?

日経平均が10000円を超えてきました。さわかみ ファンドも明るい兆しが見えるかも と楽しみです。

日経平均の短期の節目は10000円と予想しておりましたが、19日は初値で11000円と予想を超えてきました。 終値で10000円程度に下ががっちゃいましたけどね。


短期の節目が10000円と書いたのは52週線がおおよそ1万円だったからです。 チャートを見ると、52週線のあたりで、上値を抑えられていることは分かりますね。 11月18にその抵抗線を抜けてきました。 

クリックで拡大します。
2010年11月19日 日経平均半年


11月19日の11000円をつけたのがダマシでなければ、かなり強い相場です。 

さて次の展開ですが、下の2年のチャートをみてください。 次の展開としては、下の黒線のボックス相場に移るか、ボックスを抜けたら大相場になるでしょうね。 次の上値抵抗線は11500円程度、その上の抵抗線は11800円です。 下限9000円と上限11500円または11800円を意識して相場に対応しましょう。


2010年11月19日 日経平均2年


 上昇トレンド開始かな? ブログランキングに投票



posted by せこ吉 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相場の節目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

さわかみファンドの買わない株

さわかみファンドは銀行株を買いません。 澤上篤人さんも、銀行株は買わないことを著書だったか、雑誌の記事だったかで書いておりました。さわかみファンドにも銀行株は組み入れておりません。 

邱 永漢先生も銀行には泣かされてきたこともあり、「銀行と付き合わない方法」という著書まで出しております。東保 裕之さんも以前メルマガで、誰が言ったか知りませんが、銀行が相場に入るとろくなことが無い。 という話をこをを書いておりました。


しかし、先日銀行株を買ってしまいました。買った銘柄は、
8411 みずほファイナンシャルグループ
8306 三菱UFJファイナンシャルグループ
の2つ。
理由ですが、株価が下がっている割に割には業績がいいからです。みずほなんて減配ですが、現在のの配当利回りはなんと5%です。正直言って勢いで買ったことは否定しませんが、少しは持っていてもいいでしょう。


日経平均の短期の上昇の節目は10000円ちょうどだと思ってます。
昨日は日経平均は下がりましたが、このまま日経平均が9500円程度で下げ止まってくれれば言い押し目ですので、積極的に買っていくつもりです。 

 日経平均はユーロに連動 銀行株はドルに連動? ブログランキングに投票


2010年11月03日

8411 みずほファイナンシャルグループを買いました。

みずほ銀行を買いました。 さわかみ ファンドは銀行系の株は買っていません。 邱 永漢先生も銀行についてよく言っていませんが、きっと、澤上篤人さんも銀行には痛い目をみたのでしょう。

8411みずほファイナンシャルグループを買った。理由は、妙に下がっているから。ということもありますが、2011年3月期の配当が8円から6円へ減配する予定。6円配当で現在株価は117円ですから、配当率は5%です。そろそろ買ってもいいころと理由です。

みずほ銀行の株価の下落の理由は、減配もありますが、

3メガバンク中、自己資本が最も低いのが「みずほ」で、
BIS規制の改正に対応するため、今年5月に8000億円規模の増資が主な理由でしょう。

収益源である住宅ローン残高はりそなHDに抜かれており、4位。

みずほファイナンシャルグループの問題点として、「みずほ銀行」と「みずほコーポレート銀行」の
2バンク制があり、2バンクの会長と社長(頭取)の6ポストを「旧富士」
「旧第一勧業」「旧興銀」が出身行別の派閥で争奪戦を行っているという噂もありますね。


 為替が回復すれば銀行も回復するはず ブログランキングに投票



人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。